男性ホルモンの変換をプロペシアでブロックしてAGA治療

AGAというのは正式には男性型脱毛症といいます。
この男性型脱毛症というのは、男性ホルモンとその関連物質に由来する脱毛症で、円形脱毛症やその他の脱毛症とは性質が異なるものです。
AGAの発症するメカニズムはこうです。
テストステロンは男性ホルモンですが、このテストステロンに5アルファ還元酵素という酵素が作用するとテストステロンが変換されてジヒドロテストステロンという別の物質ができます。
ジヒドロテストステロンは一般にはDHTと呼ばれています。
このDHTは、毛髪を作る役割をする細胞にある男性ホルモンの受容体と結合する性質があります。
こうしてDHTが男性ホルモンの受容体に定着すると、毛髪の成長サイクルを支配する神経伝達物質がサイクルの退行期や休眠期を司るものに変わってしまうということが起こります。
この結果、これから成長するはずの毛髪が抜け毛になったり成長しなくなったりして脱毛症となります。
こうして発症するのが男性型脱毛症です。
ジヒドロテストステロンは、男の子として生まれる胎児の性器が正しく発生するためには不可欠な物質なのですが、思春期以降の男性にとってはこのAGAやニキビ、前立腺の肥大などやっかいな症状を起こす原因となってしまうのです。
さてAGAは病院で治療をすることができます。
AGAの治療に用いる医薬品には内服薬と外用薬があります。
プロペシアはAGAの治療に使われる内服薬で、1日1回服用するように作られているお薬です。
医薬品の分類上は5アルファ還元酵素阻害薬というカテゴリーに属しています。
5アルファ還元酵素は男性ホルモンを変換してAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンを作り出す働きを持っていますから、これをブロックすることでDHTの生成を止めAGAを発症させないというのがプロペシアの効能です。
ちなみにDHT(ジヒドロテストステロン)の発生に由来する別の病気に前立腺肥大がありますが、この前立腺肥大の治療に用いる医薬品の中にもプロペシアと同じカテゴリに分類される薬があります。
プロペシアはアメリカの製薬メーカーが開発した世界で始めての男性型脱毛症の治療薬で、今では60を超す国々で承認されています。
日本国内では、MSD株式会社が厚生労働省の承認を経て2005年から発売を開始しました。
このMSD株式会社というのは旧万有製薬です。
このMSD株式会社で製造されたものが日本国内の正規品にあたり、有効成分で製品の一般名にもあたるフィナステリドの含有量によって「0.2ミリグラム」と「1.0ミリグラム」の2種類が製造されている錠剤です。
さて気になるのが男性型脱毛症に対する治療効果です。
国内で実施された臨床試験のデータによりますと、一定期間を超えてプロペシアを内服したAGA患者においては半数以上という高い確率で症状の軽減あるいは現状維持が確認されたという結果が報告されています。
もちろん医薬品である以上は医師の指示のもとに正しく使うことが大前提ですが、AGAに悩む男性には福音となる薬なのです。

Comments are closed.