プロペシアはAGA治療にとっての福音

男性で薄毛に悩む方は多いですが、若いころから頭頂部が寂しい人がいるのはどうしてでしょう。
ストレスや食生活の変化なども頭髪に影響を与えますが、男性ホルモンの影響をあげるかもいます。
男性ホルモンが悪さをしている場合、年齢に関係なく薄毛に悩まされることになってしまいます。
男性特有の脱毛症AGAの場合、男性ホルモンを何とかしなければならないわけですが、これまでどうすればいいのかわかりませんでした。

propecia7

有効な対応ができないまま、加齢による薄毛も加わって、育毛や発毛を諦める方もたくさんいたのです。
ですが、もう諦めなくてよくなりました。
それは、プロペシアという医薬品が開発されたからです。

これは、男性型脱毛症のAGAの治療薬として開発された医薬品で、AGAの改善によく効くといわれています。
この医薬品が開発されたおかげで、もうAGAであっても諦める必要はなくなったのです
それと、テレビCMなどで盛んにPRすることによって、以前とは違い積極的にAGAを治療しようと考える男性も多くなりました。

ところで、このプロペシアが、実はAGAの薬として開発されたものではないということをご存知でしょうか。
ではなぜ、AGAの薬として処方されるようになったのでしょう。
1991年にアメリカで開発されたプロペシアは、抗アンドロゲン薬として登場しました。

男性ホルモンを抑制することで、前立腺肥大症や前立腺がんを治療するために開発されたのです。
ところが、服用を続けていた患者の頭髪がだんだんと増えていくではありませんか。
これはどうしたことかと医師たちが注目し始めて、その発毛力が認められるに至りました。

つまり、もともと前立腺肥大症をなんとかしようとして開発したら、副作用で髪が生えたということです。
これは、あの有名なED治療薬のバイアグラが、世に出た経緯とどこか似ていると思いませんか。
とにかく、この発見により、今までにない育毛剤が登場するきっかけができたわけです。
発毛の副作用があるとわかった時、製薬会社は小躍りするほど喜んだのではないでしょうか。
なぜなら、前立腺肥大症で悩んでいる男性より、薄毛で悩んでいる男性のほうが圧倒的に多いからです。
「これは儲かる」と思ったかどうかはわかりませんが、莫大な研究費が注ぎこまれて、1997年にやっとAGA治療のための医薬品として服用されるようになりました。
日本で服用できるようになったのは、もっと遅く2005年のことでした。
アメリカと日本とでは、なんと8年ものタイムラグがあるわけです。
世界中で効果が認められているのに、日本で利用しようとすると、こんなにも時間がかかってしまうものであるのに驚きます。
医薬品としては、生まれてからまだそれほど経ってはいません。
そのため、プロペシアの研究は、まだまだ途上にあるといっていいでしょう。
誤った服用をすると、重い副作用が出た例もありますから、服用する時は専門医に相談してから使い始めることをおすすめします。

Comments are closed.